ネット通販大手「楽天市場」、出店企業に対して違反を点数制に。

rakuten_logo

インターネットの普及によって今ではいろんな商品がネットで買える時代になっています。ネット通販の代表的な「Amazon」では、即日配達を行っていたりとネットで頼んだ商品に関してもすぐに手元に届く便利な時代です。しかし、問題視されているのは購入した商品とは別の商品が届いたり、そもそも支払いを済ませているのに商品が届かなかったなどの問題。

手にとって商品を見ることができないため、手元に届くまで自分で商品を確認することができません。頼んだ商品とは違う、偽物が届くことも。そういった問題に対してネット通販大手の「楽天市場」がある規約を作りました。

出店企業に対しての違反を点数制に。

ネット通販の大手「楽天市場」では多くの企業が出店をすることができます。店舗を持たずしてインターネット経由で商品を売る事が可能。しかし、その中には先程述べたような違反店もある。そういった店舗を無くし、安心して「楽天市場」で商品を購入することができるように、出店企業に対して違反を点数制にします。

楽天が定めた規約に対して、違反点があれば点数がつけられる。その累計により、違約金の支払いを命じたり、最悪の場合では契約解除となり出店ができなくなります。そうすることで、悪徳な企業を無くす方針で新しくこの「違反を点数制」という規約が作られました。

ネットでなんでも買い物ができるようになった今、悪徳な企業も多くいるでしょう。新しい規約により、そういった業者を無くしよりよいネットショッピングができるようになるのではないでしょうか。