ナビスコが日本から無くなる。オレオやリッツはどうなるの?

nabisco0216

日本でも愛されつづけてきたお菓子「オレオ」と「リッツ」が8月末で製造中止となりました。なぜ、このような経緯に至ったのでしょうか。調べてまとめてみました。

モンデリーズ・インターナショナルとの契約終了によるナビスコの撤退

モンデリーズ・インターナショナルというのは「山崎製パン」が契約していたアメリカの会社である。この会社と共同開発をし、日本にビスケットという物を流行らせた。オレオやリッツと言えば「ナビスコ」ですよね。これらのお菓子は山崎製パンの子会社「ヤマザキナビスコ」が製造していました。ですが、「ナビスコ」というのはモンデリーズ・インターナショナルの商標であり、契約終了に伴い使う事ができなくなりました。「ヤマザキナビスコ」も「ヤマザキビスケット」に社名を変更し、8月末で「ナビスコ」のオレオやリッツは製造を終了します。9月以降は在庫分のみの販売です。

ところが、オレオ・リッツの製造はモンデリーズ・インターナショナルの日本法人へ引き継がれるためまた製造を開始します。日本で昔から食べられているナビスコのお菓子が無くなるんじゃないかと不安になったと思いますが、無くなる訳ではないのでご安心を。最近はあまり食べる機会が無くなっていましたが、この機会に久しぶりに食べてみようと思った方も多いのではないでしょうか。