Facebookが写真を認識して声で教えてくれるAI(人工知能)を開発

facebook_ios

時代が進むにつれ、技術の進化というものには驚かされるものです。iPhoneが発売された時もそうでしたが、携帯電話がタッチパネルになるとは思いませんでした。最初が抵抗がある人が多かったのですが、今となってはほとんどの人がタッチパネルのスマートフォンを持っています。

そういった技術の進化に伴い、最近ではAI(人工知能)の開発が進んでいます。Googleが開発した「Alpha碁」という囲碁ソフトがプロの棋士に勝ちましたね。ディープラーニングと呼ばれる「深層学習」というものがあり自分で考えて行動を起こす物、それが人工知能です。

視覚に障害がある方でもどんな写真か分かる

先日発表されたニュースによると、Facebook(フェイスブック)が視覚障害者の人でも写真の様子が分かるように声で教えてくれるAIを開発している。今では、SNS上に1日に何十億という画像が共有されています。AppleのiOSでは文章を読み上げてくれる機能はありますが、視覚に障害のある方には、アップされた画像が何かを見る事ができません。

そこで、フェイスブックがAppleのiOSを利用して画像の様子を声として教えてくれる機能を開発するというものです。現在はまだ、AIが物として判断できるものはかなり限られていますが、これからどんどん開発が進めばより良いものになっていくのではないでしょうか。