【台湾南部】地震発生により建物横倒れ。手抜き工事の可能性ありか。

taiwan

日本時間2月6日午前5時前、台湾南部で地震が起きた。土曜の朝にニュースをつけるとこの報道だらけで、東日本大震災の時を思い出した人も多いのではないでしょうか。映像ではマンションが横倒れになっており、多くの人が犠牲になったということ。倒れた建物の足場には一斗缶が埋められてあったりと、手抜き工事があったのではないかと問題になっています。日本でもデータ改ざん問題等で最近ニュースになったばかりです。不正工事は傾いたり、今回の倒壊などの問題が起きない限り手抜きがあったことに気付けませんね。いろいろと問題を抱えていますが、台湾には東日本大震災の際にも支援をしてもらったということもあり、東北の県では台湾へ支援の恩返しをしています。

台湾へ義援金や物資の支援

日本も大変な時には支援をしてもらった恩がある宮城県は、義援金や物資の支援を検討しているとのことです。”できる限りの支援をしたい”と言っており、台湾をサポートする姿勢を見せている。地震から2日経った今でも、救出活動は続いており多くの人が助けられましたが、未だに行方不明者の方が120名ほどいるとの報道です。これから台湾では、取り残されている方の救出と負傷者の手当てに追われるとともに、マンションの手抜き工事の件も今後問題とされるでしょう。