2年あまりで新規口座1000万越え?今話題のNISAとは。

nisa

今やテレビのCMやネットの広告などでも「NISA(ニーサ)」という言葉を聞いた事があると思います。NISAは恐らく株や投資に関する事だとは分かるのですが、それ以外の事は分かりません。そのNISAが2014年から開始し、2年ちょっとでNISA口座が1000万を超えたというニュースがありました。そんなに話題になっているとは知らずに、気になったので少し調査してみましょう。

今さら聞けないNISAってなに?

NISAとは、株式投資や投資信託などで運用した資金に対する課税を一定額まで非課税にする制度です。なので、NISA口座を開設し株式投資や投資信託を行えば一定額までは非課税となりお徳というものになります。NISAで非課税になる一定額とは年間120万円までです。年間で120万円までであれば、NISA口座で株や投信で投資をして出た損益に対しても非課税となります。

期間はNISA口座を開設後から5年間となり、注意するポイントとしては途中で売却をした場合には非課税分を利用したとみなされ再利用する事ができません。ですが、投資をする方にとって今までかかっていた税金がかからなくなったのはメリットではないでしょうか。そのため、NISAの需要が高まり2年あまりでNISA口座が1000万まで成長したのだと思います。これから投資を始めたい方などは、NISAを利用してみるのも良いかもしれませんね。