ジュニアNISAは不調?成人と比べ口座開設が伸びない理由。

junioh_nisa

ジュニアNISAがとうとう4月から開始となります。先日もNISAに関しての記事『2年あまりで新規口座1000万越え?今話題のNISAとは。』を書きました。NISAとは、一定額まで非課税にする投資の制度です。口座開設が1,000万を超え順調に利用者が増えています。

先ほど言ったジュニアNISAとは、名前の通り未成年でも投資をする事ができるというものです。

ジュニアNISAがあまり売れていない?

ジュニアNISAとは、未成年の子供の分まで非課税で投資をすることができる特別な投資です。成人の方が110万円まで非課税なのに対して、ジュニアNISAは80万円まで非課税となります。子供の将来の教育費や生前贈与などに利用されることを期待されていますが、今のところ口座開設数は3万に留まっています。

ジュニアNISAが成人NISAと比べてあまり伸びないことの理由には、口座開設をして投資をし、途中で売った場合でも口座開設をした未成年の子供が18歳になるまでは出金をする事ができないことです。この不便さがジュニアNISAの登録が伸びない理由だと思います。

未成年者の子供に代わり親が非課税の間で資金運用できる幅が広がるため人気が出ると思っていましたが、今のところは伸び悩んでます。今後、このジュニアNISAがどのように活用されるのか見所です。